東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻  大学院情報学環学際情報学府  工学部機械情報工学科  情報システム工学研究室-JSK-


HOME JSKとは? メンバー紹介 研究プロジェクト 発表論文 研究プラットホーム リンク

Go to English page.
[1] 川崎 宏治, 趙 漠居, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
可変ピッチプロペラを用いた立位および転がり移動可能なマルチフィールド対応リング型飛行ロボット,
日本ロボット学会誌, Vol.32, No.9, pp.807-815, 2014.
[2] 室岡 雅樹, 野田 晋太朗, 野沢 峻一, 垣内 洋平, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
等身大ヒューマノイドにおける物体状態・操作力オンライン推定制御法に基づく大型重量物ピボット運搬行動の実現,
日本ロボット学会誌, Vol.32, No.7, pp.595-602, 2014.
[3] 趙 漠居, 川崎 宏治, 垣内 洋平, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
電波強弱監視に基づく複数無線モジュールの順次投下と環境地図作成を行う小型飛行ロボットの実現,
日本ロボット学会誌, Vol.32, No.7, pp.643-650, 2014.
[4] 茂木 陽太郎, 川崎 宏治, 上月 豊隆, 白井 拓磨, 浅野 悠紀, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
筋骨格ヒューマノイドにおける頸部筋群負荷を支持可能な剛性可変脊椎構造の開発,
日本ロボット学会誌, Vol.32, No.7, pp.615-623, 2014.
[5] 浅野 悠紀, 溝口 弘悟, 上月 豊隆, 茂木 陽太郎, 白井 拓磨, 浦田 順一, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
終末強制回旋機構を備えた人体模倣膝機構の実装と筋骨格ヒューマノイドによる環境接触下における動作実現,
日本ロボット学会誌, Vol.32, No.10, pp.887-894, 2014.
[6] Yaguchi, Hiroaki, Sato, Kenji, Kojima, Mitsuharu, Sogen, Kiyohiro, Takaoka, Yutaka, Tsuchinaga, Masayoshi, Yamamoto, Takashi, Inaba, Masayuki:
Development of 3D viewer based teleoperation interface for Human Support Robot HSR,
ROBOMECH Journal, Vol.1, No.1, pp.10, 2014.

[7] Shintaro Noda, Masaki Murooka, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Generating Whole-body Motion Keep Away From Joint Torque, Contact Force, Contact Moment Limitations enabling Steep Climbing with a Real Humanoid Robot,
in Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.1775-1781, 2014.
[8] Masaki Murooka, Shintaro Noda, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Manipulation Strategy Decision and Execution Based on Strategy Proving Operation for Carrying Large and Heavy Objects,
in Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.3425-3432, 2014.
[9] Yoshito Ito, Takuya Nakaoka, Junichi Urata, Kazuya Kobayashi, Shunich Nozawa, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Development and Verification of Life-Size Humanoid with High-Output Actuation System,
in Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.3433-3438, 2014.
[10] Kunio Kojima, Shunichi Nozawa, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Dance-Like Humanoid Motion Generation through Foot Touch States Classification,
in Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.1788-1793, 2014.
[11] Wesley P. Chan, Iori Kumagai, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Implementation of a Robot-Human Object Handover Controller on a Compliant Underactuated Hand Using Joint Position Error Measurements for Grip Force and Load Force Estimations,
in Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.1190-1195, 2014.
[12] Wesley P. Chan, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Determining proper grasp configurations for handovers through observation of object movement patterns and inter-object interactions during usage,
in Proceedings of The 2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.1355-1360, 2014.
[13] Toyotaka Kozuki, Takuma Shirai, Yuki Asano, Yotaro Motegi, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Muscle-tendon complex control by “Tension controlled Muscle” and “Non-linear Spring Ligament” for real world musculoskeletal body simulator Kenshiro,
in Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics, pp.875--880, 2014.
[14] Ryohei Ueda, Shunichi Nozawa, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Biped Humanoid Navigation System Supervised through Interruptible User-Interface with Asynchronous Vision and Foot Sensor Monitoring,
in Proceedings of the 2014 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2014), pp.022, 2014.
[15] Iori Kumagai, Shintaro Noda, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Whole Body Joint Load Reduction Control for High-Load Tasks of Humanoid Robot Through Adapting Joint Torque Limitation based on Online Joint Temperature Estimation,
in Proceedings of the 2014 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2014), pp.463-468, 2014.
[16] Masaki Murooka, Shintaro Noda, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Manipulation Strategy Learning for Carrying Large Objects based on Mapping from Object Physical Property to Object Manipulation Action in Virtual Environment,
in Proceedings of the 2014 IEEE International Conference on Automation Science and Engineering, pp.263-270, 2014.
[17] Shintaro Noda, Masaki Murooka, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Online Maintaining Behavior of High-Load and Unstable Postures Based on Whole-Body Load Balancing Strategy with Thermal Prediction,
in Proceedings of the 2014 IEEE International Conference on Automation Science and Engineering, pp.1166-1171, 2014.

[18] 古田 悠貴, 垣内 洋平, 三喜田浩行, 植田 亮平, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
日常生活支援ロボットによるオンサイト教示可能なロボットシステム,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14 講演論文集, 1P2-Q06, 2014.
[19] 稲垣 祐人, 垣内 洋平, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
局所法線特徴の決定木学習による柔軟物識別と洗濯物搬送行動タスクへの応用,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14 講演論文集, 3P1-I03, 2014.
[20] 浅野 悠紀, 川崎 宏治, 趙 漠居, 白井 拓磨, 上月 豊隆, 茂木 陽太郎, 大久保 壮一, 矢口 裕明, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
人体姿勢計測スーツを用いた筋骨格ヒューマノイドの膝回旋自由度操作による自動車運転動作の実現,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14 講演論文集, 3P1-F06, 2014.
[22] 木村 航平, 浅野 悠紀, 白井 拓磨, 上月 豊隆, 茂木 陽太郎, 中島 慎介, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
腱駆動足首の柔軟弾性特性を利用したヒューマノイドのペダリング適応動作の実現,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14 講演論文集, 3P1-F05, 2014.
[23] 黒岩 英則, 小島 邦生, 中岡 卓也, 野沢 峻一, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
ヒューマノイドにおける二足歩行行動から腕接地歩行への拡張に基づく多種歩容行動の実現,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14 講演論文集, 3P1-G06, 2014.
[24] 垣内 洋平, 植田 亮平, 室岡 雅樹, 野田 晋太朗, 野沢 峻一, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
Gazebo/ROSとOpenRTMによるロボットシミュレーション環境を用いた透過的なヒューマノイド評価環境の構築,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14 講演論文集, 3P1-G07, 2014.
[25] 中島 慎介, 上月 豊隆, 白井 拓磨, 浅野 悠紀, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
モータ駆動腱を用いた空気圧人工筋の予備伸張による初期加速度の増大,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14 講演論文集, 1A1-C05, 2014.
[26] 大久保 壮一, 白井 拓磨, 上月 豊隆, 浅野 悠紀, 茂木 陽太郎, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
面状筋への筋剛性制御適用による脊椎系の馴染み動作と肩甲上腕帯の動作生成,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14 講演論文集, 3P1-G07, 2014.
[27] 浅野悠紀, 上月豊隆 , 川崎宏治, 茂木陽太郎, 趙漠居, 白井拓磨, 大久保壮一, 木村航平, 矢口裕明, 垣内洋平, 岡田慧, 稲葉雅幸:
反射的振る舞いに対する自動車衝突試験のための筋骨格ヒューマノイドによる運転と衝突反射行動の実現,
in 第32回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 2D1-01, 2014.
[28] 垣内洋平, 白井拓磨, 菅井文仁, 大久保壮一, 熊谷伊織, 永松祐弥, 岡田慧, 稲葉雅幸, 和田喜久男, 山崎信行:
ディペンダブルなロボット用組込プロセッサ系の開発 - 組込みリアルタイムシステム用ディペンダブルSoC及びSiPに関する基盤技術の研究成果報告 -,
in 第32回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 1N1-05, 2014.
[29] 東風上奏絵, 稲垣祐人, 古田悠貴, 植田亮平, 垣内洋平, 岡田慧, 稲葉雅幸:
具体的操作期の子供との対話を目指した視聴覚対話協調システムに関する研究,
in 第32回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 1C3-08, 2014.
[30] 趙漠居, 川崎宏治, 岡田慧, 稲葉雅幸:
多節リンク構造を有する同方向回転型マルチロータの構成法および飛行動作の基本制御に関する研究,
in 第32回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 3M2-01, 2014.
[31] 木村航平, 浅野悠紀, 上月豊隆, 白井拓磨, 岡田慧, 稲葉雅幸:
能動脚と受動脚の交互協調によるヒューマノイドのペダリング操作と走行の実現,
in 第15回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, pp.1194--1197, 2014.
[32] 大久保壮一, 白井拓磨, 永松祐弥, 熊谷伊織, 菅井文仁, 垣内洋平, 岡田慧, 稲葉雅幸(東京大学), 溝谷圭悟, 久村雄輔, 山崎信行(慶應義塾大学):
分散制御システム向け実時間通信Responsive Link を備えた I/O core 基板による多自由度ヒューマノイド制御システムの構成と評価,
in 第15回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, pp.2453--2456, 2014.
[33] 永松祐弥, 白井拓磨, 大久保壮一, 熊谷伊織, 菅井文仁, 垣内洋平, 岡田慧, 稲葉雅幸(東京大学), 溝谷圭悟, 久村雄輔, 山崎信行(慶應義塾大学):
実時間通信Responsive Link付きI/O Coreを用いた大出力脚制御システムの構成と評価,
in 第15回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, pp.2447--2452, 2014.
[34] 古田 裕介, 植田 亮平, 垣内 洋平, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
通信帯域制限の変化に応じた環境情報取得とロボット操作レベルの動的変更を行う遠隔操縦ロボットシステム,
in 第15回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, pp.2087--2090, 2014.
[35] 岩石 智志, 室岡 雅樹, 植田 亮平, 佐藤 顕治, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
物体認識に基づく操縦補助ソフトウェアとヒューマノイド型入力デバイスを統合したタスク実現システム,
in 第15回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, pp.2110--2113, 2014.
[36] 藤井祥平, 垣内洋平, 岡田慧, 稲葉雅幸(東京大学):
動作計画ソフトウェアとORiN組込RC8を統合したロボットシステムによるケーブルピッキング,
in 第15回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, pp.755--760, 2014.
[37] 大坪 諭史, 室岡 雅樹, 植田 亮平, 黒岩 英則, 野沢 峻一, 垣内 洋平, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
三次元視覚に基づく等身大ヒューマノイドロボットによるバルブ開閉操作,
in 第15回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, pp.2294--2297, 2014.
[38] 唐澤達史, 野沢峻一, 垣内洋平, 岡田慧, 稲葉雅幸:
等身大ヒューマノイドロボットにおける防水外装着用時の足先反力計測と歩行動作の実現,
in 第15回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, pp.2283-2286, 2014.

[39] 浅野 悠紀, 溝口 弘悟, 上月 豊隆, 茂木 陽太郎, 浦田 順一, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
終末強制回旋機構を備えた筋骨格ヒューマノイドによる全身回旋動作の実現,
JSME Fellow Award for Outstanding Young Engineers, ROBOMEC2013, 2014.
[40] Masaki Murooka, Shintaro Noda, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Manipulation Strategy Decision and Execution Based on Strategy Proving Operation for Carrying Large and Heavy Objects,
Best Conference Paper Award, ICRA2014, 2014.6.
[41] Masaki Murooka, Shintaro Noda, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Manipulation Strategy Decision and Execution Based on Strategy Proving Operation for Carrying Large and Heavy Objects,
IEEE Robotics and Automation Society (RAS) Japan Chapter Young Award (in ICRA2014), 2014.6.
[42] 山崎 公俊, 稲葉 雅幸:
布の折れ重なりやしわの状態,布地に着目した画像特徴量による無造作に置かれた布製品の個別識別,
計測自動制御学会論文賞, 2014.
[43] 木村航平, 浅野悠紀, 上月豊隆, 白井拓磨, 岡田慧, 稲葉雅幸:
能動脚と受動脚の交互協調によるヒューマノイドのペダリング操作と走行の実現,
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2014優秀講演賞, 2014.12.16.
[44] 趙 漠居:
日本機械学会三浦賞,
日本機械学会, 2015.3.24.
[45] 室岡 雅樹:
東京大学大学院情報理工学系研究科 平成26年度研究科長賞,
東京大学大学院情報理工学系研究科, 2015.3.24.
[46] Masaki Murooka, Shintaro Noda, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Manipulation Strategy Decision and Execution Based on Strategy Proving Operation for Carrying Large and Heavy Objects,
Best Manipulation Paper Award Finalist, ICRA2014, 2014.6.

[47] 稲葉 雅幸:
ロボティクス - 人間型の最近の動向と温故知新,
川田技報(http://www.kawada.co.jp/technology/gihou/), Vol.33, pp.4-10, 2014.