新ROM(Ver.4.1)への対応

水内 郁夫

戻る
  1. 先週(2002/11/25)焼いたROM(Ver.3)からの変更点

  2. cvs update

    各自の ~/work/MechKVM/ 以下にあるファイルを更新する必要がある。 そのためには、cvs を利用する。( CVSの説明)。 その手順は以下の通り。

          % cd ~/work/MechKVM/
          % cvs update -d

  3. *.java --> MechKVM.jar --> download.srec

    自分で作成したJAVAプログラム(例えばyourfile.java) を、 ROMのKVMで実行するための *.jarファイルに変換するには、次のようにする。

          % cd ~/work/MechKVM/utmech/kvm/build/
          % make DOWNLOAD=yourfile.java BASE=0x010000 download.srec
    とする。
    複数の*.javaファイルがある場合は、
          % make DOWNLOAD="file1.java file2.java" BASE=0x010000 download.srec
    のようにする。main()を持つクラスが複数存在するときは、 クラス選択メニューがLCDに表示され、キーで選択する。
    0x010000以外のアドレスに置く download.srecファイルを作るには、 BASE=0x010000 の数字を変更してmakeするか、
    または 上記のmakeを行った後に、
          % ./scripts/jar2srec.pl -base 0x020000 MechKVM.jar > hoge.srec
    のようにしてできた hoge.srecをダウンロードすると、 0x020000に MechKVM.jarファイルの内容が転送される。 ダウンロードした後は 020000 と LCDに表示されているので、 そのままF1を押せば実行される。 020000 からの実行を指示するには、 0 2 0 0 0 0 ADRSET F1 の順にキーを押す。

  4. ダウンロードした Javaファイルの実行

    F1とF2がJAVAボタンである。
    F1は、LCDに表示されたアドレスから jarファイルを読み込み実行。
    F2は、デフォルトのアドレス(0x010000)から jarファイルを読み込み実行。
    ダウンロードは、これまでどおり、F4を押して、ダウンロードする。


Last modified: Tue Dec 03 13:43:18 JST 2002