ほげめも(December 13 1998)

Access counter:

Sunday, December 13 1998

Sun Dec 13 19:33:36 JST 1998

あうー

Sun Dec 13 19:48:56 JST 1998

うげ、近況報告書を提出しなくては。 12/15 までだ。やばいやばい。


Monday, December 14 1998

Mon Dec 14 04:13:50 JST 1998

外は寒い。

Mon Dec 14 07:53:34 JST 1998

あさだ

Mon Dec 14 08:31:36 JST 1998

おはようさくせん完了。ぷは。

Mon Dec 14 10:15:03 JST 1998

はう。いまめっきしている。

Mon Dec 14 11:13:37 JST 1998

近況報告書を書く。 とりあえずジョグコンを発売日に分解した結果 永久的な損傷を生じたということは書いた。 それとあと質問のところには、 ロケーション研修ではワンダーエッグ2やナンジャタウンといった大型施設に配属されて 着ぐるみきたりとか恥ずかしいかっことかさせられることはあるんでしょーか、 とか書いておいた。

「はい」とかいう返事がきたらどうしよう。 べつにいいけど。 高校でのどぢん踊りの試練を耐えた私にはたいしたことはない。(強がり

Mon Dec 14 13:57:32 JST 1998

みーてんぐ終了。
ぐたっとしたい。

Mon Dec 14 14:32:11 JST 1998

基板けづっているが、どうも失敗したくさい。 めっきをよくばって厚くしすぎたらしい。 なんてこった。

Mon Dec 14 14:49:38 JST 1998

あーあ。失敗しちったよ。 うえーん。

Mon Dec 14 15:25:23 JST 1998

やりなおしだあ

Mon Dec 14 17:05:10 JST 1998

やっとこさ削り始めたら刃が折れた… なんとかしてくれー


Tuesday, December 15 1998

Tue Dec 15 08:38:50 JST 1998

おはようさくせん完了。

Tue Dec 15 10:22:01 JST 1998

基板加工機用 CAD のバグらしきものに遭遇。 手でデータ修正をする必要にせまられる。 まったく 30 万円の価値があるとはとても思えないぜ。

Tue Dec 15 12:54:03 JST 1998

ぐへー。

めっき廃液の一部を捨てるにあたって、 強酸溶液なんで NaOH をまぜて中和しなくてはいけないんだが、 いったいいくらまぜたらいいのかよくわからない。 和光なんだか製薬とかいうところのつぶつぶなやつなんだけど。 とりあえず 200ml だけとって、てきとーにからからとまぜてみたところ、 pH 試験紙がまっさおになってしまった。どうやら 20 粒では多すぎらしい。 もういっかいやってみなくては。

その他の廃液をいまから環境安全センタとかいうところにもっていく。 いそがしいのう。

Tue Dec 15 14:07:56 JST 1998

もってった。つかれたー


Wednesday, December 16 1998

ed Dec 16 07:56:49 JST 1998

ほげ。あう。ねむし。

Wed Dec 16 08:32:59 JST 1998

さくせん完了。はうはう。

Wed Dec 16 14:21:29 JST 1998

おうち帰ってきた。 ついでに根津のほうにいってゐうびんきょくに行き、 でスチールウールとか洗剤とかわなげマーブルチョコとかリポビタン D とか 買ってきたぞ。 リポビタン D 50 本いりの箱はほんのちょっとだけ欲しいと思った。

Wed Dec 16 15:46:06 JST 1998

こりずに基板加工を開始。こんどはなんかうまくいきそうな予感。 60°のミリングカッターを使ってみた。

Wed Dec 16 16:20:12 JST 1998

HP から電話。 ロジックアナライザはあさって届くことになった。 すばらしい。 これでかなりはかどるな。

Wed Dec 16 17:12:47 JST 1998

いろいろあってようやく基板完成。たまらん。 いままで作ったなかでいちばんよくできた基板な気がする。 ほめすぎか。

Wed Dec 16 17:30:22 JST 1998

Microsoft Windows NT Services for UNIX 日本語版ベータを試す。 手元の NT Workstation にインストール。 NFS サーバになったりクライアントになったりできるそーで、 net コマンドでマウントできるようになった。使える。 telnet サーバは Meadow は動かなかった。使えん。 それとあと、 Password Sync とかいうので NIS でユーザ管理ができるらしいのだが、 これは使いものになるレベルのものなんだろか。わからん。

Wed Dec 16 18:05:24 JST 1998

XILINX の PQFP 100 pin のパターンのサイズがあわない… 悪夢のよう…


Thursday, December 17 1998

Thu Dec 17 00:28:21 JST 1998

いかんねむすぎ

Thu Dec 17 09:15:24 JST 1998

おきたた
ねたりん

Thu Dec 17 16:44:41 JST 1998

うーむ。MAX232 の手持ちがない。こまったなー。今日は木曜日だしな。 ところで Protel98 の MAX232 の部品データつくったやつはクビにしてほしい。

Thu Dec 17 18:03:36 JST 1998

東京リサーチから電話。 JST のコネクタはなんか 1,000 個単位とかリール単位とかになるそうなんで、 秋葉原の小売店から買うということになりそう。

生協第2購買部から電話。 きのう頼んでいた石油ポリタンク 4 つがきたということ。早い。 といわけでいまとりにいってきた。

Thu Dec 17 20:09:23 JST 1998

ぐへー。めしはくったよ。

Thu Dec 17 23:03:49 JST 1998

まったくこりずにめっきしている。あたしってえらいなあ。(T_T)


Friday, December 18 1998

Fri Dec 18 01:41:00 JST 1998

基板できました。 こんどは QFP のランドのパターンもぴっちりあっている。 すばらしい。 手ではんだづけするのはつらそうだから、 ホットプレートでもつかうかな。

Fri Dec 18 19:37:25 JST 1998

がっこきた(ぉ。
HP からロジックアナライザがきていた。わーいい。 しかしおもったよりずっと早かったなあ。

Fri Dec 18 20:25:48 JST 1998

んでさっそくロジックアナライザを開封。 見て感じたことは、 現場で使うことを考えて作られてるんだなーということ。 スタンドにもなる持ち運び用ハンドルとか、 上げ底になってて床に置いてつかえるようになってる底面とか、 オプションのパネルカバーとポーチをとりつけたら、 本当にどこにでももっていって使えるような気がしてきた。


Saturday, December 19 1998

Sat Dec 19 05:55:40 JST 1998

H8S/2128 用のヘッダファイルとかを作る。 いろいろ悩んだが、結局 日立半導体セミナーのページで 公開しているヘッダファイルを修正して使うことにした。 基板はもうできてるんだからさっさと動かしてー。

Sat Dec 19 07:18:49 JST 1998

その日立が配っているヘッダファイルにバグがあることがわかった…。 どうしよ。本当にこれ使おうかな。 なんか構造体や共用体の定義とかあたし好みでないしなー。 そもそも H8S のマニュアルに書いてあるレジスタ名称が腐ってるのが悪い。 同じ名前使ってたりするし。なんとかしろよ。

Sat Dec 19 07:34:34 JST 1998

ぐへー、できた。 とりあえずねむい。

Sat Dec 19 13:18:42 JST 1998

うぐへ。ちとねた…

模様替えですみっこにうっちゃられていたマシンを 復活させようと思ったものの、 Ethernet ケーブルのストックがぜんぜんないので、 赤いケーブルを作る。100BASE-TX なんだけど。ま平気か。

この部屋には今後大量の新マシンが導入される予定があり、 それに伴い私物 PC を持ち帰るように命令されているのだが、 はていったいいつ持って帰るかのう。 それとあと、 自宅で使える PC が増えるとそれまで使ってきた PC-9821Ap とかが とたんにいらなくなってしまうわけだが、 こいつらの処遇についても決断をせまられている。 例によっていなかに送るかねえ。

Sat Dec 19 17:33:21 JST 1998

ぐはー。あきばいってきた。

Sat Dec 19 21:06:45 JST 1998

戦国 TURBですが、 なんかいろいろ調べているうちに強烈な既視感を感じました。 作ってる人たちが Bio_100% な人そのまんま、 というあたりからしてもうあれですが、 そういや昔 PC-9801 で遊んだフリーソフトなゲームのタイトルに、 そういう名前のがあったような…。

Sat Dec 19 21:10:37 JST 1998

ぽやーん(TM)

Sat Dec 19 21:23:12 JST 1998

戦国 TURB ってデモみればわかるけど、 なんつーかむちゃくちゃポリゴンキャラクターたちのモーションとかがしょぼくて、 プログラマががんばって手でモーションつけたんだろーなーと、 おもわず同情してしまいたくなるようなやつなんですが (かといってあたしがやったらこれよりもっとしょぼくなるに決まってるが)、 いま考えなおすとこれは Bio_100% らしくとても安上りなしあがりなんですねー、 と感じてしまいましたとさ。

それに比べてピカチュウげんきでちゅうは、 製作に参加してるわけでもないやつが言うのもなんだが、 その筋のスペシャリストがいて本当に助かったと思う。 それとあとキャラクターの人気も。 音声認識がいくらまずくても、ウリがちゃんと他にあるもんねえ。 音声認識が残念なおかげで売れなかったとかいったら、 なんかかなりもうしわけない気分になるっす。 同じ音声認識ゲームでもなかみが戦国 TURB みたいなのだったら、 いったい何本売れていただろうな(ぉ。


Last modified: Sat Dec 19 22:14:46 1998