ほげめも(1999年01月24日)

Access counter:

1999年01月24日 日曜日

1999年01月24日 (日) 00時33分45秒 JST

9.1GB のUltra2 SCSI の HDD(IBM DDRS-39130D)が 2 台もついているので、 Linux で swap パーティションを 256MB にしてみたんだが、 free(1) してよく見ると 130748KB しか使えていない。 手で mkswap してみたところ、

mkswap: warning: truncating swap area to 130752kB
Setting up swapspace, size = 133885952 bytes
などとぬかしおる。

なんじゃこりゃと思いつつ mkswap(8) を読むと、 ページサイズが 4KB のアーキテクチャの場合、 ひとつのスワップ領域の大きさの下限は 40KB、上限は 130752KB と書いてあった。 上限の理由は、 ページ管理用ビットマップが最初の 1 ページと決まっているかららしい。 その最初の 1 ページの先頭には "SWAP-SPACE" という文字列が signature として入るので、 (4096-10)*8*4096/1024=130752KBというわけだ。

というわけで、 あまり巨大な swap パーティションを 作ると損をするということらしい。 失敗したなー。

1999年01月24日 (日) 00時56分52秒 JST

Linux で DVD-RAM 使えた。 ドライブは Panasonic LF-D100 で、たいていの人が持ってるやつと同じ。 このドライブは昔の PD ドライブと違って LUN をひとつしか使わないらしく、 そのままでは CD-ROM ドライブとしてしか見えない。 そこでカーネルに2048bytes セクタパッチと、 ここにある パッチをあてる必要がある。 Linux 2.2.0-final には 2048bytes なパッチはあてる必要はなし。 DVD-RAM のパッチのほうは 1 箇所 reject したので手であてた。

ちなみにこういう具合に認識されている。

(scsi0) <Adaptec AIC-7890/1 Ultra2 SCSI host adapter> found at PCI 6/0
(scsi0) Wide Channel, SCSI ID=7, 32/255 SCBs
(scsi0) Downloading sequencer code... 407 instructions downloaded
scsi0 : Adaptec AHA274x/284x/294x (EISA/VLB/PCI-Fast SCSI) 5.1.10/3.2.4
       <Adaptec AIC-7890/1 Ultra2 SCSI host adapter>
scsi : 1 host.
  Vendor: IBM       Model: DDRS-39130D       Rev: DC1B
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi disk sda at scsi0, channel 0, id 0, lun 0
(scsi0:0:0:0) Synchronous at 40.0 Mbyte/sec, offset 15.
  Vendor: IBM       Model: DDRS-39130D       Rev: DC1B
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi disk sdb at scsi0, channel 0, id 1, lun 0
(scsi0:0:1:0) Synchronous at 40.0 Mbyte/sec, offset 15.
  Vendor: MATSHITA  Model: PD-2 LF-D100      Rev: A110
  Type:   Optical Device                     ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi removable disk sdc at scsi0, channel 0, id 4, lun 0
(scsi0:0:4:0) Synchronous at 10.0 Mbyte/sec, offset 32.
  Vendor: MATSHITA  Model: PD-2 LF-D100      Rev: A110
  Type:   CD-ROM                             ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi CD-ROM sr0 at scsi0, channel 0, id 4, lun 0
scsi : detected 1 SCSI cdrom 3 SCSI disks total.
sr0: scsi3-mmc drive: 0x/0x cd/rw xa/form2 cdda tray
Uniform CDROM driver Revision: 2.52
SCSI device sda: hdwr sector= 512 bytes. Sectors= 17850000 [8715 MB] [8.7 GB]
SCSI device sdb: hdwr sector= 512 bytes. Sectors= 17850000 [8715 MB] [8.7 GB]
SCSI device sdc: hdwr sector= 2048 bytes. Sectors= 1218960 [2380 MB] [2.4 GB]
sdc: Write Protect is off
むむ、よくみると Ultra2 SCSI のくせして HDD の転送速度が 40Mbytes/sec だな。 BIOS の設定がおかしかったかな。

ここにも 書いてあるが、 この状態では Windows 95 のドライバで作った FAT16 な DVD-RAM とは、 セクタサイズの違いの関係でデータ交換はできないらしい。 さっさと UDF ドライバを誰か書いてくれないかな。

1999年01月24日 (日) 01時24分05秒 JST

うげ、ぢつは使えていないようだ。 なんか mke2fs したら panic してやがるぞこいつ。 パッチをあてそこなった可能性が大。やりなおすか。

1999年01月24日 (日) 01時36分20秒 JST

カーネルログには

sd.c:Bad block number requestedscsidisk I/O error: dev 08:21, sector 28 
sd.c:Bad block number requestedscsidisk I/O error: dev 08:21, sector 28 
sd.c:Bad block number requestedscsidisk I/O error: dev 08:21, sector 272 
sd.c:Bad block number requestedscsidisk I/O error: dev 08:21, sector 516 
なんてのがひたすらたまっている。 うーんこれはもしやとか思って mke2fs -b 2048 /dev/sdc 1200000 とかしたら、 panic しないで無事に mke2fs できた。 mount もできるしよみかきもかんたんだ。 ぬー

1999年01月24日 (日) 02時58分35秒 JST

# cat /proc/mdstat
Personalities : [1 linear] [2 raid0] [3 raid1] [4 raid5]
read_ahead 128 sectors
md0 : active raid0 sda3 sdb2 12562816 blocks 8k chunks
md1 : inactive
md2 : inactive
md3 : inactive
というわけで RAID0(striping)だ。 12GB くらい。バックアップが大変そうだのお。

1999年01月24日 (日) 03時22分16秒 JST

install-mime --install --package=rvplayer \
        --content=audio/x-pn-realaudio \
        --test="test \"\$DISPLAY\" != \"\"" \
        --view="rvplayer %s" --quiet

1999年01月24日 (日) 11時12分13秒 JST

AKIBA PC Hotline! によると、 Pentium Pro 200MHz の、 キャッシュ 256KB 版が 5,800 円、512KB 版が 9,800 円なんだそうだ。 今使ってる 2 個の 150MHz と置きかえてもいい気がするが、 CPU を余らせてもしょうがないのでやめた。 似たような値段でもっといい CPU 買えるしなー。

暇ができたら Dual PPGA Celeron マシンでも作るかと思ったが、 よく考えたら PC ははっきりいって余ってるし、性能にも不満もないので、 やっぱりいまいち買う気がおきんな。

1999年01月24日 (日) 15時59分17秒 JST

なにげなく linux-users に投げられたメールの From: を眺めていたら、 こんなサイトがあることがわかった。 なななんだこれは。はあはあ。

このサイトの存在は NetNews 講読者には常識なんだろうか。 ちなみにそのメールを投げたのは他ならぬ ogochan さんでした。

1999年01月24日 (日) 17時40分09秒 JST

ようやく、XILINX のコンフィギュレーションデータ(95008bit)を H8 の 128KB の Flash ROM に置くようにした。 バイナリのサイズが 3 倍になり、 プログラミングにむしょうに時間がかかるようになってしまった。 ま、あたりまえだが。 リセットしてすぐに走りだすのはなかなか気持ちがよい。


1999年01月25日 月曜日

1999年01月25日 (月) 09時16分12秒 JST

おはようさくせん完了。 雨だ。ひどい。 かなりぬれた。しにたくない。 なっとうがないといわれた。さいてー。 この 40 円のなっとう券をどうしろというのか。

1999年01月25日 (月) 13時17分21秒 JST

ミーティング修了^H^H終了。 はあはあ。

1999年01月25日 (月) 18時43分05秒 JST

いままですべて順調に思えたのだが、 なにかのはずみで基板上の H8S/2128 が死亡してしまったらしく、 書きこみモードでリセットしても、 シリアルポートがまったく反応してくれない。 結局、この QFP をはがしてまた新しいやつをはりつけるという 責め苦を味わうことになった。しかも 2 枚。 H8S のストックも少なくなってきたし、 XC4005E はもうないぞ。 頼むからもう壊れないでくれ。


1999年01月26日 火曜日

1999年01月26日 (火) 01時16分56秒 JST

ぐはー。はまった。

1999年01月26日 (火) 01時45分55秒 JST

入力端子のプルアップはめんどくさがらずにちゃんとしよう!!!

1999年01月26日 (火) 02時39分10秒 JST

2/2 7:45 前後、 J-Wave の Tokio Spec にてジョン・カビラが、 Linux Japan の編集長の人に電話でインタビュー。 だそうです。

1999年01月26日 (火) 02時48分47秒 JST

よーやく全部動いた…

1999年01月26日 (火) 08時41分03秒 JST

おはようさくせん完了。 きのうのなっとう券は無事使えた。 ていうかあの人たち日付まったくチェックしとらんな。 あたりまえか。

1999年01月26日 (火) 09時31分00秒 JST

ちくしょう。はまりすぎ。 H8 の Flash ROM は 100 回までしか書けないというのに。

1999年01月26日 (火) 10時51分30秒 JST

新 Mobile Pentium II だそうな。 Pentium II Enhanced が正式名称らしい。 しかしこんどは 266PE MHz、300PE MHz ですか。

1999年01月26日 (火) 12時15分54秒 JST

手のサーボモータが動くようになった。すばらしい。 ようやくこれですべての自由度がまともに動くようになったことになる。 さっさとなんかデモやらかしてしうろん書きすすめなくては。

1999年01月26日 (火) 12時19分05秒 JST

asahi.com によると、 米国で脳死患者からの手の移植手術をやったんだという。 なかなかサイバーでいかす。

神経とかどうつなぎあわせるんだ。 ひょっとして、てきとーに近そうなものをつなぎあわせて、 あとは患者の血のにじむような訓練でカバーするのだろうか。 それじゃふつーのサイボーグ義手とたいしてかわらんなあ。

1999年01月26日 (火) 12時25分13秒 JST

念力コントローラが無性にほしくてたまらん。 なんでもいいからだれか作ってくれ。

1999年01月26日 (火) 12時27分54秒 JST

VideoHighway Xtreme の NT4 用ドライバは、やはりかなり不安定だ。 ついさっきも青画面になってしまった。 仕事しながらテレビを見るというのはあまりおすすめできない気がする。 特に Alt+TAB とかそのへんが、てきめんに効くようだ。

1999年01月26日 (火) 14時51分11秒 JST

おうちにかえった。ゐうびんきょくにいった。 やちんをはらった。せいきょうにいった。

1999年01月26日 (火) 16時37分46秒 JST

PC の電源いれてほっとくと Solaris が起動するうううううう

1999年01月26日 (火) 18時15分13秒 JST

むはー。 すっかりわすれていたけど、 ようやく今日になって(日本時間で) Linux 2.2.0 がリリースされたみたい。 今まで /lib/modules/2.2.0-final なんてディレクトリを見にいかれて困っていたから、 さっさととってきてカーネル作りなおすか。


1999年01月27日 水曜日

1999年01月27日 (水) 01時39分35秒 JST

見事に動いているな。うへへ。暴走もしないし。

1999年01月27日 (水) 02時31分56秒 JST

また www の amd が死んでいたらしい。 いったいいつからこうなっていたんだ? ひょっとして昼間にファイルサーバがリブートしてからだろうか。

1999年01月27日 (水) 09時52分58秒 JST

うーむねたりん

1999年01月27日 (水) 12時59分51秒 JST

いつのまにやら 第 3 回 CESA 大賞の ノミネート作品のリストが公開されているな。 ぴかちうげんきでちうも対象になっているらしい。

1999年01月27日 (水) 22時25分19秒 JST

ぺーぢが殖えん。 はあはあ。


1999年01月28日 木曜日

1999年01月28日 (木) 00時26分13秒 JST

ねむまってきた
やばし

1999年01月28日 (木) 02時14分44秒 JST

あたしと同程度にやばまってる masaki 君に、 リポビタン D スーパーなるスゴそうなドリンクをわけてもらった。 成分を見るとタウリン 2000mg だそうで、 その名前どおりの高級品のようである(一本 190 円とかいわれた)。

が、なんというかこれがまずい!! スタンダードれろ味の面影はまったくない。 味的にはバイトゴールド 2000 によく似ている気がする。 ともあれまずい。 うーむ、やっぱり飲み物はタウリンの量ではなく味で選ばないとだめっすよ。

1999年01月28日 (木) 02時22分16秒 JST

チュニジアから、 我々をロボット会社と勘違いしているメールが、 www-admin あてに来て愉快。

We are looking for two (02) humanoid robots for the public entertainment in
a gouvernemental science vulgarisation institution.

By searching on the web we found your nonorable company. 
If you manufacture this kind of robot, please contact us to get the
detailed technical requirements.
we hope that we can begin a profitable commercial relation.
うちじゃそんなもんつくっとらんし、たとえあったとしても売れん!! あでも、いちおうせんせにはどうするか聞いてみないとな。

1999年01月28日 (木) 10時15分27秒 JST

ねむすぎ

1999年01月28日 (木) 11時19分44秒 JST

ふと気づいたら Solaris for x86 用 Accelerated-X 4.1 がそこにあった。 はあはあ、試してえ

1999年01月28日 (木) 19時50分34秒 JST

うーむやばい。


1999年01月29日 金曜日

1999年01月29日 (金) 00時31分29秒 JST

超絶やばい。 喜んでプログラムなんかデバッグしてるばーいじゃない

1999年01月29日 (金) 04時31分32秒 JST

眠いのをがまんして端末に向かっているがいっこうに進まない。はう。

1999年01月29日 (金) 04時42分32秒 JST


ねむいとね
間断的に意識が遠のいてきて Control キーを押さえていた小指の力が抜けて ふと気がついたらしうろん書いてるバッファが ppppppppppp とかいう文字ばっかで埋まっていたりしててて、泣けます。

1999年01月29日 (金) 07時26分31秒 JST

Linux 2.2.1 がもうでている。

1999年01月29日 (金) 10時36分23秒 JST

せんせのはんこをいただいた。ありがたや。 しかも今日は 8 号館で避難訓練とかいうのがあるらしくて かなりやばげな雰囲気だったのだが、 それに参加しなくてもいいように便宜をはかっていただいた。

しかしぜんぜんまだ完成しているとはいえん状況なんで、 気をゆるめずにさっさと最後まで書かねばならん。

1999年01月29日 (金) 12時05分31秒 JST

こんどはバッファがっっっっっっっっっで埋まった(;_;)

1999年01月29日 (金) 14時02分37秒 JST

かじだーわーわー
みんなはやくひなんしてください

1999年01月29日 (金) 16時42分32秒 JST

事務室いってしうろんの表紙にはんこもらってきた。 ほんとに形だけだったな。

1999年01月29日 (金) 19時21分35秒 JST

ぐはー。おうちかえってきた。 ふとんは強敵であったがなんとかふりきってやってきた。 さて、ねるか(ぉ。

1999年01月29日 (金) 20時17分33秒 JST

Solaris for x86 で MGA G200 で Accelerated X が動いた。 けどなんかいろいろ設定がミスマッチなようでいまいちだ。 インストールしただけじゃdtloginXaccel を起動してくれないし、 それにフォントの設定がむちゃくちゃだ。 /etc/Xaccel.ini にごりごりと日本語フォントのパスを手で書いて、 ようやくいつもの見なれた日本語ログイン画面を見ることができた。 それにTrueTypeFont とか DPS とか使えない気がするんだが、 Sun はこんなもん openwin のかわりにしちゃっていいの?

しかしなによりこたえたのは sh とか csh しかしか使えんことであるな。 うひー tcsh くれー


1999年01月30日 土曜日

Sat Jan 30 17:20:58 JST 1999

うはーたまらん


takeshi@jsk.t.u-tokyo.ac.jp
Last modified: Sat Jan 30 17:21:06 1999