東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻  大学院情報学環学際情報学府  工学部機械情報工学科  情報システム工学研究室-JSK-


HOME JSKとは? メンバー紹介 研究プロジェクト 発表論文 研究プラットホーム リンク

Go to English page.
[1] 稲葉 雅幸:
知能ロボットのソフトウェア,
日本ロボット学会誌, Vol.30, No.9, pp.824--829, 2012.
[2] 岡田 慧:
ROS(ロボット・オペレーティング・システム),
日本ロボット学会誌, Vol.30, No.9, pp.830--835, 2012.
[3] 水内 郁夫, 藤本 純也, 袖山 慶直, 山本 邦彦, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
近接覚・触覚によるなぞり形状推定に基づく多種食器操作キッチンアシストシステムの実現,
日本ロボット学会誌, Vol.30, No.9, pp.889--898, 2012.
[4] Hiroaki Yaguchi, Tomoaki Yoshikai, Kei Okada, Masayuki Inaba:
RTMEXTender: Developer Supprt Tool for OpenRTM,
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.24, No.2, pp.408--415, 2012.
[5] Yuriko Kakehashi, Tamon Izawa, Takuma Shirai, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Achievement of Hula Hooping by Robots Through Deriving Principle Structure Towards Flexible Spinal Motion,
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.24, No.3, pp.540--546, 2012.
[6] Masahiko Osada, Hironori Mizoguchi, Yuki Asano, Toyotaka Kozuki, Junichi Urata, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Application of "Planar Muscle" with Soft Skin-Like Outer Function Suitable for Musculoskeletal Humanoid,
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.24, No.6, pp.1080-1088, 2012.
[7] 吉海智晃, 福島寛子, 小林一也, 稲葉雅幸:
対人インタラクションのための伸縮可能な被覆型柔軟ニットセンサ外装の開発,
日本ロボット学会誌, Vol.30, No.5, pp.505--514, 2012.
[8] 山崎 公俊, 森 健光, 山本 貴史, 稲葉 雅幸:
生活支援ロボットの作業空間把握のための時系列距離データに適したマップ表現と平面検出,
日本ロボット学会誌, Vol.30, No.4, pp.443--452, 2012.
[9] Kimitoshi Yamazaki, Ryohei Ueda, Shunichi Nozawa, Mitsuharu Kojima, Kei Okada, Kiyoshi Matsumoto, Masaru Ishikawa, Isao Shimoyama, Masayuki Inaba:
Home-Assistant Robot for an Aging Society,
Proceedigns of The IEEE, Centennial Year, Special Issue, Quality of Life Technology, Vol.100, No.8, pp.2429--2441, 2012.
[10] Wilma BAINBRIDGE, Shunichi NOZAWA, Ryohei UEDA, Kei OKADA, Masayuki INABA:
A Methodological Outline and Utility Assessment of Sensor-based Biosignal Measurement in Human-Robot Interaction,
International Journal for Social Robotics, Vol.4, No.3, pp.303--316, 2012.

[11] Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Controlling the Planar Motion of a Heavy Object by Pushing with a Humanoid Robot using Dual-arm Force Control,
in Proceedings of The 2012 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.1428--1435, 2012.
[12] Atsushi Tsuda, Yohei Kakiuchi, Shunichi Nozawa, Ryohei Ueda, Kei Okada, Masayuki Inaba:
On-line Next Best Grasp Selection for In-Hand Object 3D Modeling with Dual-Arm Coordination,
in Proceedings of The 2012 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.1799--1804, 2012.
[13] Tomoko Kurotobi, Takuma Shirai, Yotaro Motegi, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Controlling tendon driven humanoids with a wearable device with Direct-Mapping Method,
in 21th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, 437 -442, 2012.
[14] Shunichi Nozawa, Iori Kumagai, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Humanoid Full-body Controller Adapting Constraints in Structured Objects through Updating Task-level Reference Force,
in Proceedings of The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.3417-3424, 2012.
[15] Yuki Asano, Hironori Mizoguchi, Toyotaka Kozuki Yotaro Motegi, Masahiko Osada, Junichi Urata, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Lower Thigh Design of Detailed Musculoskeletal Humanoid "Kenshiro",
in Proceedings of The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.4367-4372, 2012.
[16] Toyotaka Kozuki, Hironori Mizoguchi, Yuki Asano, Masahiko Osada, Takuma Shirai, Junichi Urata, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Design Methodology for Thorax and Shoulder of Human Mimetic Musculoskeletal Humanoid Kenshiro -A Thorax with Rib like Surface-,
in Proceedings of The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.4367-4372, 2012.
[17] Yuto Nakanishi, Tamon Izawa, Tomoko Kurotobi, Junichi Urata, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Achievement of Complex Contact Motion with Environments by Musculoskeletal Humanoid Using Humanlike Shock Absorption Strategy,
in Proceedings of The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.1815-1820, 2012.
[18] Kotaro Nagahama, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Hierarchical Estimation of Multiple Objects from Proximity Relationships Arising from Tool Manipulation,
in Proceedings of the 2012 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012), pp.666--673, 2012.
[19] Hiroyuki Mikita, Haseru Azuma, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Interactive Symbol Generation of Task Planning for Daily Assistive Robot,
in Proceedings of the 2012 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012), pp.698--703, 2012.
[20] Yotaro Motegi, Takuma Shirai, Tamon Izawa, Tomoko Kurotobi, Junichi Urata, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Motion Control Based on Modification of the Jacobian Map between the Muscle Space and Work Space with Musculoskeletal Humanoid,
in Proceedings of the 2012 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012), pp.835--840, 2012.
[21] Iori Kumagai, Kazuya Kobayashi, Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Tomoaki Yoshikai, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Development of a Full Body Multi-Axis Soft Tactile Sensor Suit for Life Sized Humanoid Robot and an Algorithm to Detect Contact States,
in Proceedings of the 2012 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012), pp.526--531, 2012.
[22] Yoshito Ito, Takuya Nakaoka, Junichi Urata, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Design and Development of a Tendon-driven and Axial-driven Hybrid Humanoid Leg with High-Power Motor Driving System,
in Proceedings of the 2012 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012), pp.475--480, 2012.
[23] Tomoaki Yoshikai, Takahiro Akimoto, Kazuya Kobayashi, Junpei Tsuji, Hiroaki Yaguchi, Masayuki Inaba:
Achievement of 'Mikoshi' with Multiple Humanoid Robots as Coordined Navigation Problem Based on Real-Time 3D Space Recognition in a Dynamic Environment,
in Proceedings of the 2012 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012), , 2012.
[24] Yuto Nakanishi, Yuki Asano, Toyotaka Kozuki, Hironori Mizoguchi, Yotaro Motegi, Masahiko Osada, Takuma Shirai, Junichi Urata, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Design Concept of Detail Musculoskeletal Humanoid "Kenshiro" -Toward a real human body musculoskeletal simulator-,
in Proceedings of the 2012 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012), pp.1-6, 2012.

[25] 大矢 良輔, 長濱 虎太郎, 山崎 公俊, 稲葉 雅幸:
状態遷移グラフを用いた衣類着脱支援のための布状態推定と着脱モデルの構築,
in 情報処理学会第74回全国大会講演論文集, 4Q-4, 2012.
[26] 上月 豊隆, 溝口 弘悟, 浅野 悠紀 長田 将彦, 白井 拓磨, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
人体模倣筋骨格ヒューマノイド腱志郎の胸郭・肩の設計 -肋骨状曲面を有する肩甲骨・胸郭構造の設計-,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, , 2012.
[27] 白井 拓磨, 上月 豊隆, 溝口 弘悟, 浅野 悠紀 長田 将彦, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
人体模倣筋骨格ヒューマノイド「腱志郎」の運動制御-人体の関節構造を模した面状筋機構を有する腱駆動ロボットでの動作教示のためのシステム構成-,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 1A1-K10, 2012.
[28] 溝口 弘悟, 浅野 悠紀, 上月 豊隆, 長田 将彦, 浦田 順一, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
体模倣筋骨格ヒューマノイド「腱志郎」の骨盤設計 - 人体の冗長筋骨格系を模した高密度高出力筋群を備えた金属性強化骨盤・大腿骨の開発 -,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 1A1-K09, 2012.
[29] 中西 雄飛, 長田 将彦, 上月 豊隆, 溝口 弘悟, 浅野 悠紀, 白井 拓磨, 浦田 順一, 稲葉 雅幸:
人体模倣筋骨格ヒューマノイド腱志郎の全身設計,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 1A1-K07, 2012.
[30] 浅野 悠紀, 溝口 弘悟, 上月 豊隆, 長田 将彦, 浦田 順一, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
人体模倣筋骨格ヒューマノイド「腱志郎」の下腿設計,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 1A1-K08, 2012.
[31] 大矢 良輔, 東 馳, 津田 敦史, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
サービスロボットによる人とのインタラクションを考慮した配布行動の実現,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 1P1-Q11, 2012.
[32] 茂木 陽太郎, 白井 拓磨, 伊沢 多聞, 黒飛 朋子, 浦田 順一, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
筋骨格ヒューマノイドの筋長-手先位置マップの逐次修正に基づく身体制御,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 1P1-Q11, 2012.
[33] 中岡 卓也, 伊藤 佳人, 浦田 順一, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
ヒューマノイドロボットのためのCMGトルク発生装置の開発,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 1A2-M03, 2012.
[34] 西野 友博, 山崎 公俊, 長濱 虎太郎, 稲葉 雅幸:
注視領域可変カメラシステムを搭載したロボットによる環境中の文字列発見と読み取り,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 2A1-F03, 2012.
[35] 長濱 虎太郎, 西野 友博, 山崎 公俊, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
重畳関係と随伴性を用いた作用推定に基づくヒューマノイドの道具操作,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 2A1-F04, 2012.
[36] 矢口 裕明, 秋元 貴博, 小島 光晴, 佐藤 顕治, 吉海 智晃, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
次世代共通視覚認識モジュールを用いたヘッドマウントステレオカメラによる人間行動認識システム,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12 講演論文集, 2A2-K02, 2012.
[37] 矢口 裕明, 高岡 豊, 山本 貴史, 稲葉 雅幸:
{生活支援ロボットHSRの遠隔操縦のための三次元カメラを用いた室内環境の直交面群表現手法},
in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 3C2-4, 2012.
[38] 佐藤 顕治, 矢口 裕明, 宗玄 清宏, 山本 貴史, 稲葉 雅幸:
{生活支援ロボットHSRの実用化に向けたインタラクティブマーカを用いた操縦による家具操作},
in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 3C2-5, 2012.
[39] 津田 敦史, 垣内 洋平, 野沢 峻一, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
ヒューマノイドによる効率的な3次元見かけモデル獲得のための次最適視点把持計画に基づく双腕持ち替え操作,
in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 4K3-4, 2012.
[40] 大矢 良輔, 長濱 虎太郎, 山崎 公俊, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
ヒューマノイドロボットによる着衣動作中の失敗状態を考慮した着衣支援行動の実現,
in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 3C2-8, 2012.
[41] 垣内 洋平, 津田 敦史, 野沢 峻一, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
力覚提示操作教示システムを用いる力の制御方法を含んだ多段可動機構操作の獲得,
in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 4K3-3, 2012.
[42] 中岡 卓也, 浦田 順一, 伊藤 佳人, 小林 一也, 中西 雄飛, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:
小型大出力モータドライバ系による駆動力・即応性を備えた等身大ヒューマノイド用アームの設計と実装,
in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 4K1-1, 2012.
[43] 溝口弘悟, 浅野悠紀, 上月豊隆, 茂木陽太郎, 浦田順一, 中西雄飛, 岡田慧, 稲葉雅幸:
人体詳細等身大腱駆動ヒューマノイド『腱志郎』による対話的フィードバックに基づく動作生成戦略,
in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 2C3-6, 2012.
[44] 岡田 慧, 斎藤 学, 東 騁, 三木田 浩行, 野沢 峻一, 稲葉 雅幸:
OpenRTM-ROS相互運用プロジェクト,
in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 3J2-2, 2012.
[45] 矢口 裕明, 高岡 豊, 山本 貴史, 稲葉 雅幸:
{生活支援ロボットHSRの遠隔操縦のための室内環境の直交面群モデル構築とカメラ姿勢の同時推定手法},
in 第13回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, 2A1-3, 2012.
[46] 佐藤 顕治, 矢口 裕明, 宗玄 清宏, 山本 貴史, 稲葉 雅幸:
{生活支援ロボットHSRのインタラクティブマーカーを用いた操縦記憶に基づく家具操作},
in 第13回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, 2A1-4, 2012.

[47] Shunichi Nozawa, Yohei Kakiuchi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Controlling the Planar Motion of a Heavy Object by Pushing with a Humanoid Robot using Dual-arm Force Control,
IEEE Robotics and Automation Society (RAS) Japan Chapter Young Award (in ICRA2012), 2012.5.
[48] Toyotaka Kozuki, Hironori Mizoguchi, Yuki Asano, Masahiko Osada, Takuma Shirai, Junichi Urata, Yuto Nakanishi, Kei Okada, Masayuki Inaba:
Design Methodology for Thorax and Shoulder of Human Mimetic Musculoskeletal Humanoid Kenshiro -A Thorax with Rib like Surface-,
IEEE Robotics and Automation Society (RAS) Japan Chapter Young Award (in IROS2012), 2012.10.
[49] 稲葉 雅幸:
ロボット用ソフトウェアの国際化に対する貢献,
計測自動制御学会システムインテグレーション部門 学術業績賞, 2012.12.19.
[50] 大矢 良輔, 長濱 虎太郎, 山崎 公俊, 稲葉 雅幸:
衣類着脱支援のための布内部領域の動的変化を用いた状態マッチング,
2012年度計測自動制御学会学術奨励賞研究奨励賞, 2013.2.22.
[51] 野沢 峻一:
東京大学大学院情報理工学系研究科 平成24年度研究科長賞,
東京大学大学院情報理工学系研究科, 2013.3.25.