東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻  大学院情報学環学際情報学府  工学部機械情報工学科  情報システム工学研究室-JSK-


HOME JSKとは? メンバー紹介 研究プロジェクト 発表論文 研究プラットホーム リンク

Go to English page.
[0] 井上 博允:
人工知能及びロボット研究の新展開,
1999年度人工知能学会全国大会(13回), , 1999.
[1] 稲葉 雅幸:
行動研究とプログラマブル玩具,
日本ロボット学会誌, Vol.18, No.2, pp.15--18, 2000.
[2] 稲葉 雅幸:
ヒューマノイドの進化とアミューズメント,
精密工学会誌, Vol.66, No.2, pp.189--192, 2000.
[3] Ikuo Mizuuchi, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue:
{Adaptive pick-and-place behaviors in a whole-body,
Robotics and Autonomous Systems, Vol.28, pp.99--113, 1999.
[4] 香山 健太郎, 長嶋 功一, 近野 敦, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
短期的な記憶に基づく環境変化の検出・記録が可能な広範囲環境記述法,
日本機械学会論文集 C編, Vol.65, No.632, pp.1524--1529, 1999.
[5] 近野 敦, 多田 充徳, 長嶋 功一, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
人間型多指ハンドの開発および手探りによる未知物体の把握実験,
日本機械学会論文集 C編, Vol.65, No.638, pp.188--193, 1999.
[6] 吉池 孝英, 近野 敦, 長嶋 功一, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
人間の実演によるヒューマノイドの動作生成基礎実験,
日本機械学会論文集 C編, Vol.65, No.632, pp.261--266, 1999.

[7] Hirochika Inoue:
Humanoid and Human Friendly Robots,
in Proceedings of the 30th International Symposium on Robotics, pp.13--16, 1999.

[8] {Satoshi KAGAMI, Fumio KANEHIRO, Yukiharu TAMIYA, Masa:
"{AutoBalancer: An Online Dynamic Balance Compensation Scheme for,
in {Proc. of the Fourth Int. Workshop on Algorithmic Foundations on, , 2000.

[9] {Satoshi KAGAMI, Kei Okada, Masayuki INABA, Hirochika :
Real-Time 3D Flow Generation System,
in {Proc. of International Conference on Multisensor Fusion and, pp.237--242, 1999.

[10] Yoshio Matsumoto, Kazunori Ikeda, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue:
Exploration and Map Acquisition for View-Based Navigation in Corridor Environment,
in {Proceedings of the International Conference on Field and, pp.341--346, 1999.

[11] Yoshio MATSUMOTO, Kazunori IKEDA, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
Visual Navigation using Omnidirectional View Sequence,
in Proc. of the IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robotics and Systems (IROS'99), pp.317--322, 1999.
[12] Yoshio Matsumoto, Takeshi Miyazaki, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue:
"{View Simulation System : A Mobile Robot Simulator using VR,
in Proc. of the IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robotics and Systems (IROS'99), pp.936--941, 1999.
[13] {Fumio Kanehiro, Yukiharu Tamiya, Masayuki Inaba and:
"{Developmental Methodology for Building Whole Body Humanoid,
in Proc. of the IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robotics and Systems (IROS'99), pp.1210--1215, 1999.
[14] Yukiko HOSHINO, Masaki MIYAMOTO, Yasutada SUZUKI, Hideko YAMAMOTO, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
Development of Friendly Artifact - First Prototype : Penguin -,
in Proc. of the IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robotics and Systems (IROS'99), pp.1026--1031, 1999.

[15] Fumio Kanehiro, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue:
"{Action Acquisition Framework for Humanoid Robots based on,
in Proc. of the 1999 IEEE International Conference on Robotics & Automation (ICRA'99), pp.1038--1043, 1999.

[16] Tetsunari INAMURA, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
Acquisition of Probabilistic Behavior Decision Model based on the Interactive Teaching Method,
in Proc. of the 9th International Conference on Advanced Robotics, pp.523--528, 1999.
[18] Nobuyuki FUTAI, Takashi YASUDA, Masayuki INABA, Isao SHIMOYAMA, Hirochika INOUE:
A Soft Tactile Sensor with Films of LC Resonance Traps,
in Proc. of the 9th International Conference on Advanced Robotics, pp.149--154, 1999.

[19] Ken'ichirou NAGASAKA, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
"{Dynamic Walking Pattern Generation for a Humanoid Robot Based on,
in Proc. of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, FA22-3, 1999.
[20] {Koichi NISHIWAKI, Ken'ichirou NAGASAKA, Masayuki:
"{Generation of Reactive Stepping Motion for a Humanoid,
in Proc. of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, pp.702--707, 1999.
[21] {Ryosuke KAGEYAMA, Satoshi KAGAMI, Masayuki:
"{Development of Soft and Distributed Tactile Sensors,
in Proc. of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, Vol.2, pp.981--986, 1999.
[22] Mihoko OTAKE, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
"{Development of Gel Robots made of Electro-Active Polymer,
in Proc. of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, WA20-2, 1999.

[23] 加賀美 聡, 岡田 慧, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
プレーンセグメントファインダ,
in 第5回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.381--386, 2000.
[24] 山口 博明, 長嶋 功一, 陰山 竜介, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
腱駆動型ヒューマノイドロボットの開発,
in 第5回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.323--326, 2000.
[25] カフナー ジェームズ, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
Simulating High-Level Robot Behaviors,
in 第5回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.339--344, 2000.
[26] 稲邑 哲也, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
個人に適応した語彙を獲得するロボットとの自然言語対話処理--ヒューマンロボットインタラクションシステムPEXISの機能その3--,
in 第5回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.146--151, 2000.
[27] 西脇 光一, 杉原 知道, 加賀美 聡, 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
全身感覚行動統合研究用人間型ロボット H6 の開発,
in 第5回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.317--322, 2000.
[28] 岡田 慧 , 青山 拓磨, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
三次元フローを用いた人込みにおけるロボットの障害物回避,
in 第5回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.214--219, 2000.

[29] 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
人間型ロボットの発展的実現のためのソフトウェアシステム構成法,
in 日本ソフトウェア科学会第16回大会論文集, pp.153--156, 1999.

[30] 横小路 秦義, 才田 崇王, 吉川 恒夫, 井上 博允:
JROB2の動作プログラミングライブラリ,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-47-079, 1999.
[31] 加藤 雅麗, 近野 敦, 内山 勝, 井上 博允:
JROB-2の設計・開発,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-47-080, 1999.
[32] {近野 敦, 横小路 泰義, 相山 康道, 坪内 孝司, :
研究用プラットフォームとしての脚型知能ロボット JROB-2,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-47-078, 1999.
[33] 村瀬 有一, 境 克司, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
HRP仮想プラットフォーム検証用ハードウェアモデル,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P2-78-091, 1999.
[34] 永嶋 史朗, 比留川 博久, 中村 仁彦, 井上 博允:
HRP仮想プラットフォームシステムアーキテクチャ,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P2-78-092, 1999.
[35] 加賀美 聡, 岡田 慧, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
"{視差,フロー計算結果の矛盾性の評価によるオクリュージョン・誤対応,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-66-068(1)--(2), 1999.
[36] 金広文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
実ボディとのブレインの共有が可能なシミュレーション環境の構築,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P1-70-101, 1999.
[37] 長阪 憲一郎, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
最適勾配法を用いた人間型ロボットの動歩行パターン生成,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P1-78-110, 1999.
[38] 長阪 憲一郎, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
モーションキャプチャデータと遺伝的アルゴリズムを用いた二脚ロボットの跳躍動作の生成,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P2-78-089, 1999.
[39] 星野 由紀子, 宮本 正城, 鈴木 保匡, 稲邑 哲也, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
卓上全身型ロボットにおける状況認知型の視聴触覚対話行動制御システムの開発,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-76-115, 1999.
[40] 水内 郁夫, 松木 健, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
柔軟構造を含む人間型ロボットのシミュレーション環境と実ロボットの動作生成への適用,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-47-085, 1999.
[41] 香山 健太郎, 長嶋 功一, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
座標系による抽象度分類に基づく感覚記憶ベースの人間型ロボットアーキテクチャ,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P1-78-109, 1999.
[42] 西脇 光一, 北川 知伸, 長阪 憲一郎, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
ダイナミックヒューマノイド「H5」における視覚連動型踏み出し動作野実現,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P1-78-111, 1999.
[43] 岡田 慧, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
4脚歩行ロボット{JROB--1}の視覚に基づく行動制御,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 1A1-63-096, 1999.
[44] 陰山 竜介, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
{柔軟な分布型触覚センサシステムとロボットの動作制御へ,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 1P1-67-097, 1999.
[45] 宮本 正城, and 星野 由紀子, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
"{動き・距離・配色構成に基づいて人間を観察し認識するロボッ,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-76-116, 1999.
[46] {松木 健, 水内 郁夫, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸 :
柔軟な脊椎機構を持つ四脚歩行ロボットの動作生成と行動制御,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 1P2-42-063, 1999.
[47] 大武 美保子, 中井 博之, 稲葉 雅幸, 井上 博允 :
電場応答性ゲルPAMPSを用いたゲルロボットの設計,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P2-62-071, 1999.
[48] 椛澤 光隆, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
自立ロボット組み込み用カードサイズ四軸モータドライバの開発,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 1P2-46-072, 1999.
[49] 二井 信行, 安田 隆, 稲葉 雅幸, 下山 勲, 井上 博允:
皮膚型センサへの応用をめざした薄膜可変フィルタ,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 1P1-67-103, 1999.
[50] 中 健, 稲邑 哲也, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
"{対話機能をもつ視覚移動ロボットによる配達サービス行動の実,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2P2-23-014, 1999.
[51] {鈴木 保匡, 星野 由紀子, 稲邑 哲也, 稲葉 雅幸, :
ユーザの愛着獲得のための対話型GAによるロボットの行動生成,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-76-114, 1999.
[52] {川島 俊嗣, 水内 郁夫, 山口 博明, 加賀美 聡 :
空気圧人工筋を用いた冗長性をもつ脊椎型ロボット,
in 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99 講演論文集, 2A1-47-081, 1999.

[53] 境 克司, 村瀬 有一, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
HRP仮想プラットフォーム検証用ハードウェアモデル,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1211-1212, 1999.
[55] 加賀美 聡, 岡田 慧, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
再帰正規化相関演算を用いた実時間視差画像生成システム -- ロボット用実時間三次元視覚による運動空間再構成の研究 (その1) --,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.25--26, 1999.
[56] 加賀美 聡, 岡田 慧, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
{実時間三次元オプティカルフロー生成システム -- ロボット用実時間,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.29--30, 1999.
[57] 加賀美 聡, 岡田 慧, 佐川 立昌, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
ロボット搭載用実時間時空間再構成システム -- ロボット用実時間時空間再構成の研究 (その6) --,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.35--36, 1999.
[58] 山口 博明, 陰山 竜介, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
ワイヤ拮抗駆動型3次元2足歩行ロボットの開発---腱駆動型ヒューマノイドロボットの研究(その1)---,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.359--360, 1999.
[59] 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
EusLispのWindowsへの移植と性能評価,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.853--854, 1999.
[60] 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
CORBAを用いたネットワーク分散型ロボットブレイン記述環境,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.855--856, 1999.
[61] 長嶋 功一, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
{感覚・行動データの実時間ストリーム処理が可能な,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.851--852, 1999.
[62] 長嶋 功一, 近野 敦, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
ヒューマノイド「才華」における反射と随意の統合実験,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1209--1210, 1999.
[63] 稲邑 哲也, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
確率的経験表現に基づくヒューマンロボットインタラクションシステム:PEXIS,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1071--1072, 1999.
[64] 稲邑 哲也, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
行動決定の確信度を利用した重み付け経験蓄積法に基づく自律行動の獲得 −ヒューマンロボットインタラクションシステムPEXISの機能その1−,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1009--1010, 1999.
[65] 稲邑 哲也, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
Bayesian NetworkとGAを用いた対話経験の内省に基づく適応的インタフェースの実現 −ヒューマンロボットインタラクションシステムPEXISの機能その2−,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1011--1012, 1999.
[66] 長阪 憲一郎, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
動力学的動作変換フィルタ群を用いた人間型ロボットの全身行動設計,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1207--1208, 1999.
[67] 長阪 憲一郎, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
体幹位置コンプライアンス制御を用いた人間型ロボットの歩行安定化,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1193--1194, 1999.
[68] 水内 郁夫, 松木 健, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
柔軟脊椎構造を持つ四脚ロボットのGAによる動作生成,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.199--200, 1999.
[69] 水内 郁夫, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
可変柔軟構造を持つ人間型ロボットのシミュレーション環境,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1197--1198, 1999.
[70] 岡田 慧, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
実時間三次元視覚の時空間統合による運動空間再構成法 -- ロボット用実時間三次元視覚による運動空間再構成の研究 (その4) --,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.32--33, 1999.
[71] 岡田 慧, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
二次元再帰相関演算を用いた実時間オプティカルフロー生成システム -- ロボット用実時間三次元視覚による運動空間再構成の研究 (その2) --,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.27--28, 1999.
[72] {陰山 竜介and 西脇 光一, 山口 博明, 加賀美 聡:
{交代磁場を用いた球ジョイントの3軸角度検出センサ---腱,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.357--358, 1999.
[73] 大武美保子, 石川耕平, 稲葉雅幸, 井上博允:
電場応答性ゲルPAMPSを用いたゲルロボットの開発,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.583--584, 1999.
[74] 椛澤 光隆, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
四脚ロボットにおける逆台形歩容を用いた階段の昇降,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.127--128, 1999.
[75] 垣内洋平, 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
床との接触状態を考慮した人間型ロボットの床運動の実現,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 1195 -- 1196, 1999.
[76] {北川 知伸, 長阪 憲一郎, 西脇 光一, 稲葉 雅幸:
"{遺伝的アルゴリズムを用いた人間型ロボットの,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1191--1192, 1999.
[77] 佐川 立昌, 岡田 慧, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
複数視点からの距離画像を用いた高速表面再構築法 -- ロボット用実時間時空間再構成の研究 (その5) --,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.31--32, 1999.
[78] {川島 俊嗣, 水内 郁夫, 山口 博明, 加賀美 聡:
柔軟な全身感覚行動体へ向けたゴム空気室型触覚センサ,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.167--168, 1999.
[79] 服部 雄高, 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
転んでも起き上がって足踏み動作を覚えていく人間型ロボットに関する研究,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1199--1200, 1999.
[80] 杉原 知道, 長阪 憲一郎, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
人間型ロボットの関節トルク最小化に基づく目標ZMP軌道の生成,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1189--1190, 1999.
[81] "{中井 博之, 大武 美保子, 稲葉 雅幸, 井上 博:
イオン導電性高分子を用いた水中ロボットシステムの構築,
in 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.959--960, 1999.

[82] 稲葉 雅幸:
ゲームとロボットの進化,
in , pp.221--256, ゲーム---駆け引きの世界---東京大学出版会 公開講座69 , 1999.

[83] 稲葉雅幸, 星野由紀子, 井上博允:
導電性ファブリックを用いた全身被覆型触覚センサスーツ,
日本ロボット学会論文賞, 1999.9.10.
[84] 加賀美聡, 岡田 慧, 稲葉雅幸, 井上博允:
ロボット搭載用実時間視差画像生成システムの構成法,
ロボティクスシンポジア優秀論文賞, 1999.3.30.