東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻  大学院情報学環学際情報学府  工学部機械情報工学科  情報システム工学研究室-JSK-


HOME JSKとは? メンバー紹介 研究プロジェクト 発表論文 研究プラットホーム リンク

Go to English page.
[1] 岡村 弘之, 井上 博允:
未来開拓学術研究--マイクロメカトロニクス・ソフトメカニクス,
日本ロボット学会誌, Vol.18, No.8, pp.1056--1060, 2000.
[2] M.Inaba, S. Kagami, F. Kanehiro, Y. Hoshino, H. Inoue:
A Platform for Robotics Research Based on the Remote-Brained Robot Approach,
The International Journal of Robotics Research, Vol.19, No.10, pp.933--954, 2000.
[3] 岡田 慧, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
PCによる高速対応点探索に基づくロボット搭載可能な実時間視差画像・フロー生成法と実現,
日本ロボット学会誌, Vol.18, No.6, pp.896--901, 2000.
[4] 小川原 光一, 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
ネットワーク環境におけるモバイルエージェント機構に基づいて個人の継続的な支援を目指した分散ロボット統合法,
日本ロボット学会学会誌, Vol.18, No.7, pp.132--137, 2000.
[5] 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
人間型ロボットの発展的実現のためのソフトウェアシステム構成法,
コンピュータソフトウェア, Vol.17, No.6, pp.52-56, 2000.
[6] 稲葉 雅幸:
ロボットの進化:歩行からジャンプへ,
バイオメカニクス研究, Vol.4, No.1, pp.71--81, 2000.

[7] H.Inoue:
Towards Soft Mechatronic Artifacts,
Intellogent Autonomous System 6, 2000.
[8] S. Kagami, K. Okada, T. Aoyama, M. Inaba, H. Inoue:
Follow and Avoid a Walking Human Being using Real-time 3D Depth Flow Generation,
in Intelligent Autonomous Systems 6, E.Pagello et al.(Eds), pp.257--264, IOS Press, ISBN 1 58603 078 7, 2000.
[9] Yukiko HOSHINO, Fumio KANEHIRO, Takafumi FUKUSIMA, Yutaka HATTORI, Hiroki HAYASHI, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
Development and implementation of full-body robot with multiple sensing systems for interactively teaching simple tasks,
in International Conference on Intelligent Autonomous Systems (IAS), pp.241--248, 2000.
[10] Mihoko OTAKE, Yoshiharu KAGAMI, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
Behavior of a Mollusk-Type Robot Made of Electro-Active Polymer Gel under Spatially Varying Electric Fields,
in Intelligent Autonomous Systems 6 E.Pagello et al.(Eds), pp.686--691, 2000.

[11] S. KAGAMI, K. OKADA, M. INABA, H. INOUE:
{Design and Implementation of Onbody Real-time Depthmap ,
in {Proc. of International Conference on Robotics and , pp.1441--1446, 2000.
[12] Mihoko OTAKE, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
Kinematics of Gel Robots made of Electro-Active Polymer PAMPS Gel,
in "Proceedings of the 2000 IEEE International Conference on , pp.488--493, 2000.

[13] T.Inamura, M.Inaba, H.Inoue:
User Adaptation of Human-Robot Interaction Model based on Bayesian Network and Introspection of Interaction Experience,
in Proc. of Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'00), pp.2139--2144, 2000.
[14] J.J.Kuffner, S.Kagami, M.Inaba, H.Inoue:
Graphical Simulation and High-Level Control of Humanoid Robots,
in Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'00), Vol.3, pp.1943--1948, 2000.
[15] Y.Matsumoto, K.Ikeda, M.Inaba, H.Inoue:
"Exploration and Navigation in Corridor Environment Based on,
in Proceedings of 2000 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS'2000), pp.1505-1510, 2000.
[16] Y.Matsumoto, M.Inaba, H.Inoue:
View-Based Approach to Robot Navigation,
in Proceedings of 2000 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS'2000), pp.1702-1508, 2000.
[17] Tetsunari Inamura, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue:
User Adaptation of Human-Robot Interaction Model based on Bayesian Network and Introspection of Interaction Experience,
in In the Proc. of Int'l Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS 2000), pp.2139--2144, 2000.
[18] {K. NISHIWAKI, T. SUGIHARA, S. KAGAMI, F. KANEHIRO, :
{Design and Development of Research Platform for ,
in {Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent , Vol.3, pp.1559--1564, 2000.
[19] R.Sagawa, K.Okada, S.Kagami, M.Inaba, H.Inoue:
"Incremental Mesh Modeling and Hierarchical Object Recognition using,
in Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'00), Vol.1, pp.88--95, 2000.

[20] Tetsunari Inamura, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue:
Integration Model of Learning Mechanism and Dialogue Strategy based on Stochastic Experience Representation using Bayesian Network,
in In Proc. of the Int'l Workshop on Robot and Human Interactive Communication (ROMAN 2000), pp.247--252, 2000.
[21] Tetsunari Inamura, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue:
{Integration Model of Learning Mechanism and Dialogue Strategy,
in In Proc. of the Int'l Workshop on Robot and Human Interactive Communication (ROMAN 2000), pp.247--252, 2000.

[22] S. Kagami, K. Okada, M. Inaba, H. Inoue:
{Realtime 3D Depth Flow Generation and its Application to ,
in {Proc. of 15th International Conference on Pattern , Vol.4, pp.197--200, 2000.

[23] {S. KAGAMI, K. NISHIWAKI, T. KITAGAWA, T. SUGIHARA, :
{A Fast Generation Method of a Dynamically Stable Humanoid Robot ,
in {Proc. of IEEE International Conference on Humanoid Robotics , Vol., , 2000.
[24] J.J.Kuffner, S.Kagami, M.Inaba, H.Inoue:
Dynamically-stable Motion Planning for Humanoid Robots,
in Proc. of IEEE Int. Conf. on Humanoid Robotics (Humanoid2000): First RAS/IEEE Int. Conf. on Humanoid Robots, 2000.
[25] J.J.Kuffner, S.Kagami, M.Inaba, H.Inoue:
2000,
in Proc. of 1st Int. Conf. on Humanoid Robotics (Humanoids'00), pp.39,
[26] F. Kanehiro, M. Inaba, H. Inoue, S. Hirai:
"{Developmental Realization of Whole-Body Humanoid,
in Proc. of International Conference on Humanoids 2000, , 2000.
[27] "Yoshihiko Nakamura, Hirohisa Hirukawa, Katsu:
V-HRP: Virtual Humanoid Robot Platform,
in Proc. of International Conference on Humanoids 2000, --, 2000.

[28] {S. KAGAMI, K. NISHIWAKI, J. J. KUFFNER, T. SUGIHARA :
{Design and Implementation of Humanoid H6 and its Application ,
in {Proc. of 7th International Symposium on Exprimental , 2000.
[29] {S. KAGAMI, K. NISHIWAKI, J. J. KUFFNER, T. SUGIHARA :
Design,Implementation, and Remote Operation of the Humanoid H6,
in ISER 2000 International Symbosium on Experimental Robotics, pp.41-50, 2000.

[30] S.Kagami, F.Kanehiro, Y.Tamiya, M.Inaba, H.Inoue:
AutoBalancer : An Online Dynamic Balance Compensation Scheme for Humanoid Robots,
in Proc. of 4th Int. Workshop on Algorithmic Foundations on Robotics (WAFR'00), SA-79--SA-89, 2000.

[31] Mihoko OTAKE, Masayuki INABA, Hirochika INOUE:
"{Development of Electric Environment to control,
in Proceedings of SPIE Vol.3987, Electroactive Polymer Actuators and Devices (EAPAD), ed. Y. Bar-Cohen, pp.321--330, 2000.

[32] 加賀美 聡, カフナー ジェームズ, 西脇 光一, 杉原 知道, 道方 孝志, 青山 拓磨, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
ヒューマノイドロボットの遠隔操作インターフェースの研究,
in 第6回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.1--6, 2001.
[33] "J. J. KUFFNER, K. NISHIWAKI, S. KAGAMI, M. INABA :
Footstep Planning Among Obstacles for Biped Robots,
in 第6回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.7--12, 2001.
[34] 星野 由紀子, 福島 崇文, 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
全身行動ロボットにおける視聴触覚を通した対話による行動獲得システム,
in 第6回ロボティクスシンポジア, pp.205--210, 2001.
[35] 岡田 慧 , 冬野 明, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
実時間プレーンセグメントファインダの研究,
in 第6回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.51--56, 2001.
[36] "西脇 光一, 村上 好文, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸 :
人間型ロボットの床反力計測のための並列支持機構を持つ6軸力センサ,
in 第6回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.131--136, 2001.
[37] "西脇 光一, 村上 好文, 杉原 知道, 加賀美 聡 :
つま先自由度を活用した人間型ロボットの歩行・全身運動能力拡大,
in 第6回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.113--118, 2001.
[38] {但馬 竜介, 加賀美 聡, 長嶋 功一, 稲葉 雅幸:
{複数の磁気コイルを用いた球面ジョイント3軸角度計測セ,
in 第6回 ロボティクスシンポジア 予稿集, 137 -- 142, 2001.

[39] 稲葉, 星野, 岡田, 井上:
"{全身行動ロボットにおける模倣行動と状況記述プログラミングの発展,
in SI2000講演論文集, pp.171--172, 2000.
[40] 國吉 康夫:
人間の模倣能力のモデル化に向けて,
in SI2000講演論文集, pp.165--166, 2000.
[41] 星野由紀子, 福島崇文, 金広文男, 稲葉雅幸, 井上博允:
"{全身行動ロボットにおける視聴触覚を通した対話による日,
in SI2000講演論文集, pp.173--174, 2000.

[42] 境 克司, 村瀬 有一, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
HRP仮想プラットフォーム検証用ハードウェアモデル,
第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.571--572, 2000.
[43] 中村 仁彦, 比留川 博久, 井上 博允:
HRP仮想プラットフォームの概要,
第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.573--574, 2000.
[44] 金広, 稲葉, 井上:
小型から等身大ヒューマノイドまで応用可能な発展的ソフトウェア環境構成法,
日本ロボット学会第18回学術講演会予稿集, pp.347-348, 2000.
[45] 金広, 稲葉, 井上:
プラグインアーキテクチャに基づく発展的ソフトウェア環境の実装,
日本ロボット学会第18回学術講演会予稿集, pp.1237-1238, 2000.
[46] 金広, 稲葉, 井上:
ボディモデルコンパイラを用いたランタイムシステム生成,
日本ロボット学会第18回学術講演会予稿集, pp.349-350, 2000.
[47] {加賀美 聡, 椛澤 光隆, 岡田 慧, 但馬 竜介, 西脇 :
RT-Linux を用いた PC ベースのロボットシステム構成法,
in 第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.745--746, 2000.
[48] {加賀美 聡, 岡田 慧, 西脇 光一, 杉原 知道 , 稲葉 :
{プレーンセグメントファインダによるヒューマノイドロボットの行動 ,
in 第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1471--1472, 2000.
[49] {加賀美 聡, ジェームズ・カフナー, 西脇 光一, 杉原 :
{ヒューマノイドロボットのネットワーク操作用インターフェース ,
in 第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.595--596, 2000.
[50] J.J.Kuffner, S.Kagami, M.Inaba, H.Inoue:
Dynamically-stable Motion Planning for Humanoid Robots -感覚行動統合全身型ヒューマノイドH6での実現-,
in 第18回日本ロボット学会 第18回学術講演会, 2P11,745-746, 2000.
[51] J.J.Kuffner, K.Nishiwaki, S.Kagami, M.Inaba, H.Inoue:
Fast Manipulation Path Planning for Humanoid Robots,
in Proc. 18th Annual Conf. of Robotics Society of Japan (RSJ'00), pp.915-916, 2000.
[52] 水内 郁夫, 原 朗人, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
多自由度脊柱を持つ全身行動体のための体幹の腱駆動拮抗制御,
in 第18回日本ロボット学会学術講演会, pp.1459--1460, 2000.
[53] 星野 由紀子, 金広 文男, 福島 崇文, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
BeNet/CORBAによる感覚系初期処理システムのネットワーク分散実装,
in 日本ロボット学会 第18回学術講演会, pp.1233--1234, 2000.
[54] {西脇 光一, 杉原 知道 , 加賀美 聡, 稲葉 雅幸 :
{素軌道の合成・接続によるヒューマノイドの目標歩行のオンライン生,
in 第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1473--1474, 2000.
[55] {西脇 光一, 北川 知伸, 杉原 知道, 加賀美 聡 :
"{ZMP導出の線形・非干渉化、離散化によるヒューマノイドの動,
in 第18回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.721--722, 2000.
[56] 岡田 慧, 冬野 明, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
プレーンセグメントファインダ:ハフ変換を用いた実時間平面検出器,
in 第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.775--776, 2000.
[57] 岡田 慧, 金広 文男, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
卓上ヒューマノイドによる視覚誘導型全身行動の研究システム,
in 第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.591--592, 2000.
[58] 岡田 慧, 青山 拓磨, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
三次元距離フローとポテンシャル場を用いた人間の移動する環境での移動ロボットの行動,
in 第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.771--772, 2000.
[59] 大武美保子, 鏡 好晴, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
ヒトデ型ゲルロボットの全身変形運動,
in 第18回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1435--1436, 2000.
[60] 大武美保子, 石川耕平, 鏡 好晴, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
軟体動物状ゲルロボットの厚さ分布形状設計,
in 第18回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1437--1438, 2000.
[61] 椛澤 光隆, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
拮抗及び並列駆動可能な関節を持つ四脚メカトロ行動体の設計と開発,
in 第18回ロボット学会学術講演会予稿集, pp.209--210, 2000.
[62] 杉原 知道, 西脇 光一, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
汎用多リンク系動力学演算ライブラリ「Z-DYNAFORM」の開発,
in 第18回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1189--1190, 2000.
[65] 原 朗人, 水内 郁夫, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
拮抗腱駆動型多関節体幹を有する全身行動体,
in 第18回ロボット学会学術講演会RSJ2000予稿集, pp.1433--1434, 2000.
[66] "吉海 智晃, 但馬 竜介 , 加賀美 聡, 篠田 裕之, 稲:
テンソルセル触覚センサによる滑り検知と把持動作への応用,
in 第18回ロボット学会学術講演会RSJ2000予稿集, pp.67-68, 2000.
[67] 川島 到 , 星野 由紀子 , 稲葉 雅幸 , 井上 博允:
"{多関節型ロボットの多様な形態に対応する構造可変型操作デバイスの研,
in 第18回ロボット学会学術講演会RSJ2000予稿集, pp.121--122, 2000.

[68] J.J.Kuffner, , M.Inaba, H.Inoue:
"Automating Object Manipulation Tasks for Humanoid Robots (人間型,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集, 2P2-79-105, 2000.
[69] Tetsunari Inamura, Masayuki Inaba, Hirochika Inoue:
タスク達成の確信度に基づくユーザへの質問確認行動の生成,
in ロボティクス・メカトロニクス講演会'00 講演論文集,2000, 2A1-76-112, 2000.
[70] 香山 健太郎, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
短期記憶に基づく作業環境地図を利用した初期情報収集を必要としない作業切替の実現,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00 講演論文集, pp.1071--1072, 2000.
[71] 星野 由紀子, 服部 雄高, 林 宏樹, 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
身体に直接働きかけて指示・教示を行うための視聴触覚を持つ全身型ロボットの開発,
in "日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論, 1A1-77-106, 2000.
[72] 西脇 光一, 杉原 知道, 加賀美 聡, 金広 文男, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
全身行動型ヒューマノイド「H6」の開発,
in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’00講演論文集, 2P2-79-110, 2000.
[73] {陰山 竜介, 長嶋功一, 山口 博明, 加賀美 聡:
交代磁場を用いた球ジョイントの3軸角度検出センサ回路,
in ROBOMECH '00, 2A1-54-068, 2000.
[74] 大武美保子, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
アクチュエータ機能を持つ電場応答性高分子ゲルの多リンク機構モデリング,
in 日本機械学会[No.00-2]ロボティクス・メカトロニクス講演会'00講演論文集, 2P1-47-082, 2000.
[75] 大武美保子, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
電場応答性高分子ゲルを用いたロボットのしゃくとり虫運動,
in 日本機械学会[No.00-2]ロボティクス・メカトロニクス講演会'00講演論文集, 2P2-61-092, 2000.
[76] "宅間 信介, 中 健, 星野 由紀子, 加賀美 聡 :
ポータブルネットワークロボットの開発とそれを用いた遠隔対話システム,
in "日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論, 2P1-35-047, 2000.
[77] 二井信行, 安田隆, 稲葉雅幸, 下山勲, 井上博允:
柔軟素材に埋め込み可能なプレーナインダクタ触覚センサ,
in "日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論, 1A1-69-095, 2000.
[78] 佐川 立昌, 岡田 慧, 加賀美 聡, 稲葉 雅幸, 井上 博允:
"複数の距離画像からの表面形状モデリングとその階層的なマッチングによる,
in "日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論, 1P1-68-100, 2000.


[79] J. J. Kuffner, S. KAGAMI, M. INABA, H. INOUE:
Dynamically-stable Motion Planning for Humanoid Robots,
Best Paper Awards, ICHR2000, 2000.9.7.